2008年4月30日水曜日

球界の至宝 (その1)

久々の更新となってしまった。。。





しかし決してサボってたわけではなく、とにかくこの10日間ほどは毎日色々な人と野球の話題に花を咲かせた。まさに地道な聞き込み捜査の連続。





という訳で今はトピック満載で、何から話そうかなんて思いを廻らせている訳だが、久々に球場のハナシをしていきたいと思う。





先日メジャー通のお坂東さんと、我が草野球チームのビック・パピーこと小鳥さんと飲んでいた時のこと、ふとメジャーリーグ観戦旅行の話題に。





どこそこに行ってみたい!なんて会話をしていたら、何でも小鳥さんはワシントンDCに知り合いがいるらしく、今年中にでも訪問の可能性ありとのこと。というわけで今日はボルチモアの本拠地、オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズについて。





本ブログではこれまで、いくつかの素晴らしい野球場を紹介してきたが、ココはまさに「本命」とも言うべき名所。





ボルチモアと言ってもいまいちピンとこないかも知れないが、日本からだとDCに直行便で飛び、そのままバスかレンタカーで1時間強の場所。タクシーで120ドル程度だったと記憶している。いずれにせよDCを拠点にした場合でも、十分日帰りが可能な都市である。





街の観光名所、インナーハーバーに代表される”のどかな港町”といった印象が強いが、意外にも全米でも屈指の犯罪多発都市として知られているため、訪問の際には注意が必要。














というわけでホテルはケチって郊外にすることなく、出来るだけダウンタウンの中に、出来ればDCにステイすることをお勧めしたい。





当然のことながら、買い物や観光は最小限に。ボルチモアが生んだ野球史における最大のスター、ベーブ・ルースの生家(兼博物館)が球場から至近距離のため必見。強いて言えばそれくらい。

















しかし、、、全米中の野球業界、野球ファンの度肝を抜き、”ボールパーク観”を根底から覆したこの美しい球場を見に行く価値は、十二分にあると思う。。。




















続く。。。

1 件のコメント:

金太郎 さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。