2008年5月21日水曜日

どっちの恋愛ショー

芸能ネタに疎く、興味も無いデカだが、野間口と押切もえの交際発覚はクヤシイが若干気になった。





このカップルは、果たして「お似合いなのか」、「お似合いじゃないのか」この”微妙感”が一般人に与えたインパクトはいずれにしろ大だろう。





毎年エース候補と言われながら、いまいちブレイクしきれない野間口は図らずも注目度がアップした訳だから、今後は自慢のビックマウスに負けない活躍を見せて頂きたい。





一方、現在一流教育番組に出演する押切も、今後も多方面でマルチな活躍を見せてくれることだろう。














人に歴史あり。




忙しさで2人の距離が離れたこともあると言っているが、一流情報誌FLASHが報じた野間口の吉原通いが与えた影響も否定できまい。知ったこっちゃないが。




そんなに若いうちから吉原通いだなんて行く末が心配だが、巨人には中々いないタイプの破天荒な部分も持ち合わせている選手だと思うので、後は肝心の本業で結果を残して頂きたいところだ。まあ、大きなお世話か。




さて、野間口と言えばアマ時代は大器として期待され、複数の球団が獲得の際に競合したが、当時所属していた社会人チーム・シダックスの監督だった野村克也が巨人入団の際に暗躍した(とされている)ことが記憶に新しい。

















巨人ファンだった息子・カツノリを阪神→巨人にトレードするようウラで画策し、野間口には自由獲得枠で巨人に進むよう進言したとされている。 愛息子と愛弟子を操った”知将”ならではの裏ディール。




結局、意中の野間口を獲得した巨人は、カツノリにほとんど出場機会すら与えないまま、たった1年で解雇。さすがやる事がエゲツない。




デカは以前、ふらっと見に行った社会人野球の練習試合@横浜スタジアムで、当時シダックスで活躍していた野間口を見たことがあるが、そこにはもう1人懐かしい顔が。




加納大祐である。




これでピンとくるあなたは相当の野球オタクと想像できるが、一般的にはほぼ無名だろう。





加納と言えばデカの同い年で、高校時代は古豪・鎌倉学園で長田秀一郎(現西武ライオンズ)と共に県下屈指の「二枚看板」で鳴らした逸材。むしろ当時は長田より素質は上とも言われていたような。

















相変わらずクジ運の良い?我がチームの名マネージャーが県大会の初戦で、イキナリ鎌倉学園とのマッチメイクを実現した時は開いた口がふさがらなかったが、今となっては良い思い出。




試合は0対1(確か)で敗れたものの、手に汗握る良い勝負だったと記憶している。結局わが校は、加納→長田の継投の前に完封負けを喫した訳だが、加納の切れのある速球と、落差の大きいスライダーが印象的だった。




そんな加納はシダックス廃部以降は松下電器に移籍、相変わらず社会人野球で頑張っているようだが(度々ドラフト指名候補に挙がっている)、松坂世代最後の刺客として是非もう一度ブレイクを果たして頂きたい。




慣れない芸能ネタから思わず昔話に脱線してしまった。





マニアとしては若い二人の恋の行方より、本日辞意を表明したオリックス・コリンズ監督と、あらびき団でも活躍するピン芸人・シルクの熟年カップルの方が気になるところである。










コリンズ帰国後、2人はどうなるのだろう?




どうでもいいか。。。

2 件のコメント:

ずんなま さんのコメント...

面白い!

ウンチク検事 さんのコメント...

シルク姉さん、美しい。